【ツーリングレポート】 室戸岬 ~四国半周?の旅~

投稿日: カテゴリー: Pretty.Ride.On.

6月1日(日) 

行ってきました、念願の室戸岬!

SONY DSC

石鎚山SAを8時すぎに出発し、入野PAで東予の方と合流、徳島道の吉野川SAで休憩し、徳島ICへ。
徳島ICからは、国道55号を室戸までひたすら南下。道中の看板「室戸○km」の数字がなかなか減っていかないので、道のりの遠さを感じました~。道の駅「公方の郷なかがわ」で休憩し、その後道の駅「宍喰温泉」に併設された「ホテルリビエラ」で遅めの昼食。オススメの阿波尾鶏のメニューをいただきました。ランチでエネルギー補給し、近くのスタンドでバイクも満タンにしてあげ、さあ室戸岬まであと50km!

SONY DSC SONY DSC

この辺りの海陽町から東洋町にかけては、サーフィンのポイントが点在しているようで、あちこちの海岸にサーファーの姿を発見。室戸岬に近づくにつれ、建物ぐらい高い防波堤があったり、「夫婦岩」という変わった形の岩があったりと気分は高揚。そして、青年大師像に迎えられ、御蔵洞の入り口が見え、さて室戸岬は・・・と思ってたら、行き過ぎてしまいました・・・。

SONY DSC半島の先っぽにある岬と違って、ぐるりと国道で間近を通過できる室戸岬ならではの罠でした。慌ててUターンして、駐車場を見つけ、無事到着!!「室戸岬」の看板の前で、証拠の記念撮影。上の「室戸岬灯台」まではヘアピンカーブが続くため、希望者だけ上がりました。木立の中を歩いていくと、目の前に灯台が現れました。

「海の駅とろむ」で合流し、早々に帰路へ。この時点で16時。室戸岬から南国ICまでも、けっこう距離がありますが、なぜか帰りは近く感じるものですね。

南国IC近くの道の駅「南国風良里」で休憩し、高速にのって松山へ。もうここまで来ると、ほとんど帰ってきたような気分です。松山道の入野PAで最後の休憩とし、皆で走りきったことの満足感・疲労感を共有しながら解散。高速ではスピードを抑えて、ゆっくり省エネモードで帰りました。松山ICに20時到着。約半日走ってたんですね~。ちなみに走行距離540km。

SONY DSC

今回は、徳島周りで室戸岬をめざすという過酷な計画にもかかわらず、7台での賑やかな旅となりました。
一緒に走ってくれた最高の仲間とお天気に感謝、感謝!その夜は、皆で無事走り終えた感動に、一人感慨深く浸っておりました。

ご参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
本当にありがとうございました!